業者へ修理依頼をしよう

Posted on 17.4.14 By

水漏れが起きたなら、ともかく修理業者を呼んで、実際の発生している現場を見てもらうことが最優先にしなければならないことです。水道の蛇口やシャワーからの小さな水漏れだと、本当に大したことがないかもしれません。しかし、トイレ周り水漏れ等は深刻な事態まで、大きく発展しかねないのです。少し汚い話になるかもしれませんが、もし水が漏れ出すだけでなく、より大きな汚水漏れとなったなら、どのように対処するでしょうか?

そのようなことにならないためにも、専門の業者に連絡を取って、まず冷静に客観的に診断てもらうことが懸命な判断だと思われるのです。トイレだけでなく、生活用水の水漏れについても、対処方法は同じです。マンションに然り戸建てに然り、水漏れを発見したなら、まずは業者と連絡を取り合い、どのような症状、発生度合いなのかを伝えて、漏れ具合から、早急な対処が、早急な必要なのか、それとも様子見で構わないのかも判断してもらうことがあるでしょう。

普段の生活の中では、当たり前のように使っている水だからこそ、大事に扱わなければならなきのですが、あまりにも身近な存在が故に「水が蛇口から出て当たり前。トイレの水が流れることも特別なことじゃない。」という受け止め方になっているのかもしれません。ともかく水漏れが起きたなら、業者依頼をすることが基本です。

未分類


トイレのつまりが原因?

Posted on 17.4.12 By

下水系の水漏れでよく考えられることは、トイレのパイプがつまっていることも少なくありません。築年数が経ってくると、錆や経年劣化により、パイプの接合部あたりから、水漏れを発することもありそうです。築何年で、水漏れが起きやすくなるかは、年数を特定することは非常に難しいと思われます。周辺の環境による劣化の可能性も考えられるからです。

しかし、トイレの下水管がつまって、水漏れが出てくる可能性も決して低くはありません。よくトイレの使用上の注意点として、トイレットペーパー以外のものを流さないという注意喚起がなされていることがあります。しかし、生活している住民の中には、そのよう禁止事項を守らずに詰まりやすいものを平気で流してしまう人もいます。そのようなことをしてしまうことで、トイレの管がつまってしまい、結果的に水漏れを引き起こしてしまうことになりかねないのです。

これはティッシュペーバーだけでも、トイレをつまらせてしまうことにもなります。「たかが、ティッシュペーパーで?」と素朴に疑問を感じる人もいるでしょう。しかし、ティッシュは、水に溶けることがないことから、トイレの詰まりの原因となることが多いのです。トイレのつまりに関する予防法や対策を普段から身につけておくと安心です。マンションのような共同生活をしている建物では、なおさら注意が必要です。

未分類


水回りで水漏れが起きたら

Posted on 17.4.11 By

日常生活の中で、欠かすことのできないものとして挙げるとしたら、どんなことを思い浮かべるでしょうか?電気、水道、ガスとそれぞれの人が答えることと思います。この3つは日常生活の中で、必須の生活インフラと言えます。特に水道は人がいきるための最低限、必要且つ重要なインフラなのですが、水も私達が一般的に使う飲料水=上水道だけだなく、生活排水の下水道も重要な役割を果たしています。

しかし、私達が暮らす中で、時々、水に関係して困ることがあります。それは、水漏れです。「何だ。ただの水漏れか。」と軽く扱うことは禁物です。初めは、漏れている水も、チョロチョロと細く流れているだけかもしれません。よくあるのは、水道の蛇口のコックからの水漏れやシャワーの元からの水漏れです。この程度であれば、水道の元栓を一旦、締めてゴムパッキンを替えるなり対処が素人でもできるかとしれません。しかし、厄介なことは、下水道も水漏れです。

特にマンション等の共同住居の場合、上層階から水漏れか起こるケースも少なくありません。特に築年数が長いマンションだと、何時水漏れが起きても不思議ではありません。数年に1回は水道管や下水道管の汚れを清掃することを、一斉に行うことがありますので、水漏れが起きているなら、小規模な状態でも問題視しておくことは大事だと思われるのです。水回りで水漏れが起きることは、もしかすると老朽化に警鐘を鳴らしてくれるサインなのかもしれません。よくよく注意することが大事です。

未分類